ドラッグストア 薬剤師 仕事内容

薬剤師求人転職サイト比較ランキング@年収アップテクニック公開

ドラッグストア薬剤師の仕事内容や時給


ドラッグストアで働く薬剤師の仕事内容は、処方箋の必要がないOTC医薬品の販売やレジ打ち、さらにお客に対する薬の説明といった接客です。ドラッグストアには、医薬品以外の商品が売られていますし、第一種から第三種までの医薬品の取り扱いがあります。薬剤師が必要となるのは、第一種の医薬品の販売です。これは、薬剤師資格を持っていないドラッグストアのスタッフでは販売ができないのです。
また、ドラッグストアでは処方箋に基づかない医薬品の販売をしますから、お客の訴える症状や要望にあった薬を提案するのです。
仕事内容以外に、時給も気になりますよね。薬剤師としてパートやアルバイトとして働くのは、ほかの職業と比べても良い給料をもらえるというメリットがあります。相場は2千円前後なんだとか。これは、薬剤師が国家資格だからということが大きいでしょう。
ちなみに、大都市のドラッグストアよりも、地方都市のドラッグストアの方が時給が高い傾向にあります。これは、地方で薬剤師の人でが不足しているからです。
正社員としてドラッグストアで働く薬剤師の給料は、400万~700万円以上とされています。新卒でも350万~450万円ほどなので、ほかの職業よりもかなり優遇されていると言えるでしょう。
週休2日でしっかりと休みをもらうことができたり、残業も少ないといったメリットもあるようです。また、しかし、ドラッグストの仕事内容では、薬剤師としての専門性をあまり活かせないために、薬学生の間では人気が低いようです。これもあって、ドラッグストアは人材確保に焦りを感じているところも多く、大手の会社であれば新卒であってもかなり高額な給料で働くことができる場合もあるのです。

 

タグ :  

薬剤師の職場と仕事

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る