行政機関 薬剤師

薬剤師求人転職サイト比較ランキング@年収アップテクニック公開

行政機関で働く薬剤師の年収と仕事内容


薬剤師は、行政機関で働くことが可能です。行政機関とは、保健所や麻薬取締局などです。
保健所での薬剤師の仕事は、地域住人に向けた健康のアドバイスに集団検診、献血推進活動なのです。食中毒や伝染病といった非常事態が発生したとき、それに対応もします。さらに、保健所のある地域単位で病院、薬局、美容院等の開設許可業務や指導、調査なども行います。
麻薬取締局で働く場合は、薬物犯罪防止に加え、病院、薬局、製薬会社で適切な方法で医療ような役が取り扱われているかを監視します。麻薬取締局で働く薬剤師は、特別司法警察としての権限が与えられます。
行政機関で働くということは、そこで働く薬剤師は公務員扱いとなります。福利厚生が充実している上に昇給があり、さらには長く務めることで一般的な薬剤師よりも高給与を望めることでしょう。
保健所では当たらく薬剤師の初任給は、20~25万円が相場だそうです。特別高いというわけではありません。しかしボーナスも出るでしょうし、公務員ということもあり、生涯年収はかなり多くの金額を望めるかもしれません。
麻薬取締局で働く場合は、薬物中毒者を相手にしないといけないこともあり得るので、危険を伴う仕事です。薬剤師は警察官と同じ扱いとなるので、逮捕術の訓練も受けないといけません。給料は特別高いということはありません。推定で600万円ほどの年収が望めると言われています。しかし、かなり専門性が高い職種なため、昇給や昇格が早いのだとか。
このように、行政機関での薬剤師の仕事は特殊なのです。

 

タグ : 

薬剤師の職場と仕事

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る