病院薬剤師 仕事

薬剤師求人転職サイト比較ランキング@年収アップテクニック公開

病院薬剤師の仕事や年収


病院薬剤師の仕事というのは、大学病院か民間病院かで異なってきます。病院薬剤師の仕事内容は、まず病院に来た患者と、入院患者に対して調剤を行うことです。処方箋に基づいて、薬の飲み合わせ、副作用、分量、飲み方などを考慮しながら調剤するのです。
次に、この薬に関する服薬指導も行います。効能や効果、副作用といった注意点を説明するのです。
また、ただ調剤するだけでなく、患者にとって一番安全な有効な薬を調剤するために、担当医や看護師との連携を取ることも重要となってきます。免疫抑制剤やてんかん薬、抗生物質を調剤する場合、患者の血中濃度がそれぞれ異なるために、この連携が重要となってくるのです。これは薬物治療モニタリングと呼ばれています。
このほかにも、処方箋に基づいて注射薬の調剤を行ったり、新薬の情報を医師や看護師に伝えるといった役割もあるのです。大学病院の場合は、製薬会社から依頼されて治験を行うといった業務もあるので、ここが民間病院とは異なると言えるでしょう。
ちなみに病院薬剤師の給料は、新卒では300万~350万円が相場と言われています。初任給にすると20~25万円ほどです。しかし、大学病院勤務の場合は公務員の給料に準ずるために、もう少し安くなってしまいます。しかし、生涯年収で比べてみると、民間病院よりも大学病院勤務の薬剤師の方が高い給料をもらえる場合が多いです。
薬剤師の平均年収は500万円前後と言われており、病院薬剤師はこれよりも低い傾向にありますが、専門性を活かせることもあって、人気の職場なのです。

 

タグ : 

薬剤師の職場と仕事

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る