学校薬剤師 仕事

薬剤師求人転職サイト比較ランキング@年収アップテクニック公開

学校薬剤師の仕事と給料


薬剤師には、学校薬剤師という少し変わった職種もあります。学校に薬剤師がいるなんて聞いたことがない、という人も多いことでしょう。
ちなみに、学校に薬剤師がいるのは世界でも日本だけなんだそうです。昭和33年に制定された、学校保健安全法に基づいているのです。
学校薬剤師の仕事は、児童が安全で快適な学校生活を送れるように指導やアドバイスを行うというものです。保健師やや理科室にある薬品管理や点検を行い、薬品の使用上の注意等をアドバイスするのです。また、理科室の不要薬品の廃棄が水質汚濁防止法に従っているかといったチェックも行うのです。
また、教室内が適切な温度や湿度かどうか、二酸化炭素といった炭酸ガス濃度がどれくらいかといった検査をすることも仕事です。さらには、教室内の照明の明るさのチェックや、机と椅子のが児童の体に合っているかも検査するのです。
このほかにも、教師の声が生徒にキチンと届いているかどうか、トイレ検査やネズミやゴキブリの衛生害虫がいるかといった衛生管理、求職・飲料水の件さ、水泳プールの検査といったこともおこないます。
ちなみに、学校薬剤師は学校に常勤するわけではありません。非常勤扱いで、月1くらいの出勤して、仕事をするのです。給料は各教育委員会によって異なるのですが、年額7万~15万円が相場と言われています。学校薬剤師はあくまで副業とするか、結婚をしている女性が家庭と両立させるために働くというのもアリでしょう。

 

タグ : 

薬剤師の職場と仕事

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る