製薬会社 薬剤師 仕事

薬剤師求人転職サイト比較ランキング@年収アップテクニック公開

製薬会社の薬剤師の仕事内容や年収


製薬会社は、薬剤師が活躍できる職場のひとつです。製薬会社は薬の研究や開発に力を注いでおり、薬剤師は研究職として働くのです。薬の臨床実験ややデータ収集といった仕事を主に行うのです。時には事務作業も行うのでうが、それは厚生省に提出する新薬の承認申請書類の作成といった仕事です。
薬学部を出たからといって、どんな薬剤師でも製薬会社で働けるとは限りません。医学の未来に関わる重要な仕事ということもあるために、特に優秀な人が就けるものなのです。大学院まで進学した薬学生が、さらなる薬学の知識を求めて就職するといったパターンが多いようですね。
製薬会社勤務の薬剤師の給料は、どの会社で働くのかで変わってきます。大手の会社ともなれば年収800万円以上とも言われているのです。福利厚生が充実している会社なら、メリットも多いことでしょう。中小の製薬会社では、あまり好待遇を望むことはできないかもしれませんが、それでも一般的な会社員と比べれば年種も高いでしょうし、調剤薬局勤務と比べても待遇は良い傾向にあります。
ちなみに、製薬会社には研究職だけでなくMRという職もあります。これは医療機関に自社製品の薬の情報を提供する仕事です。薬剤師の資格がないといけないわけではないMRですが、薬学知識を必要とするために、薬剤師の方が元々薬に関する知識が方法なので、有利な仕事と言えるのです。
ただし、MRは営業職ですので、コミュニケーションや営業能力の高さが求められるので、人と話すのが苦手という薬剤師には向いていないかもしれません。

 

タグ :  

薬剤師の職場と仕事

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る