治験薬剤師 業務

薬剤師求人転職サイト比較ランキング@年収アップテクニック公開

治験薬剤師の業務や給料


治験薬剤師の業務はいくつかあります。まず、臨床開発モニター・通称CRAは、治験を依頼する製薬会社のサポートを行います。治験の進行具合をモニタリングし、さらに治験が適切に行われているのか検証・確認をします。そして治験が狩猟したら、報告書の作成、記録の保存を行うのです。
続いて治験コーディネーター・通称CRCは、治験を行う病院をサポートする業務です。被験者のスケジュール管理に、検査値などのデータ収集、さらには患者と病院とをつなぐ相談窓口となるのも薬剤師の仕事です。
治験薬剤師の業務は、薬剤師の間でもとても人気の職業の一つです。年収は年齢と共に上がる傾向にあり、600万~800万円ほどを期待できるのです。年齢によってかなり年収は変化するそうで、一概にいくらとは言えません。
また、年齢だけでなく治験薬剤師としての経験年数や過去の実績でも年収が決まる場合もあります。このため、治験薬剤師として転職をしたいと考えている人は、まずはどこかの企業でしっかりと経験を積んで、それからより高い年収を求めて転職をするといいでしょう。
治験薬剤師の業務は、新薬の開発に携わるために、色々と勉強をしなければならないことが多いです。さらに、多くの人と接するものなので、たくさん勉強なんてしたくない、人付き合いが苦手だという人には、向いていないかもしれません。
ちなみに、国際共同治験という物に携われることがあります。この場合、英語が話せると仕事の幅が広がるといったメリットがあります。さらに、給料アップも期待できるのです。

 

タグ : 

薬剤師の職場と仕事

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る