調剤薬局 薬剤師 仕事内容

薬剤師求人転職サイト比較ランキング@年収アップテクニック公開

調剤薬局薬剤師の仕事内容や給料


調剤薬局は昔からあるイメージですが、登場したのは1960年代とまだ新しいです。現在のように、病院や診療所の前に調剤薬局が多く見られるようになったのは、1980年頃からなんだとか。
調剤薬局で働く薬剤師の主な仕事内容は、患者が持ち込んだ処方箋に基づいて医薬品を調剤し、その薬について患者に説明するのです。
最近では、薬剤師など不要だと言う医師が出てきているそうです。しかし、処方箋の鑑査には薬剤師の存在が欠かせまんし、薬剤師でないとできないものです。処方箋の鑑査とは、処方箋に不備がないかチェックすることです。薬の内容や保険番号、有効期限などを確認します。患者のお薬手帳の内容から、重複投薬や相互作用が起こらないかといったことまで確認するのです。もし不都合があった場合は、処方箋を発酵した医師に疑義紹介を行うのです。
医師は、実は薬について薬剤師のように詳しくないものです。なので、監査はとても重要な仕事のひとつと言えるでしょう。さらに、薬の不要の仕方や保存に注意がいるものもあるので、患者にその旨を伝える必要があります。
また、調剤薬局で管理薬剤師として働く場合の仕事内容は、医薬品の在庫管理、レセプト集計といったこともおこないます。管理薬剤師には特別な資格はいらないので、就職して半年もすれば管理薬剤師として働く人もいるようです。
給料の目安としては、年収400万円ほどだそうです。勤続3年目にもなれば、500万円ほどになります。最大では650万円くらいほどと言われています。

 

タグ :  

薬剤師の職場と仕事

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る